パソコン修理PCREPAIR AndroidとiPhoneの違いページの画像

AndroidとiPhoneの違い

AndroidiPhoneはどこが違うのかをご紹介させて頂きます。

スマートフォンと呼ばれるのはインターネットの他にアプリを入れて楽しむことができるデバイスの事です。スマートフォンの中にAndroidやiPhoneが含まれます。Apple社が製造しているものをiPhone。Apple社以外が製造しているものをAndroidと呼びます。スマートフォンの中にはAndroidとiPhoneの両方が含まれますが、iPhoneはそのままiPhoneと呼ばれる傾向があります。

スマートフォンにもパソコンのようにOS(Windows7などの事)があります。AndroidのOSをAndroid OSと呼びます。開発元はGoogleです。アプリはPlayストアというところからインストールします。

iPhoneはAppleが創り上げた製品でそのOSはiOSと呼びます。アプリはAppストアというところからインストールします。



機能の違い

iPhoneの大きなところはMacと連携できるところです。iPhoneで撮った写真が自動で自宅のMacに転送されたりします。同じApple製品ですのでMACだけでなくiPadなど他のApple製品との連携が強いです。実際使ってみるとこの機能はとても便利です。写真だけでなく電話帳やカレンダー、メモ帳などが連携できるのです。

Androidは元々Googleが開発しました。なのでWindowsともMacとも初めから連携しているわけではありません。しかし連携できないわけではありません。Yahooのようにサイトがアプリを開発してるところも多いです。そういったアプリを取り込むことでAndroidは他のパソコンなどIT機器と連携させることができます。



操作性の違い

iPhoneはシンプルです。使い方もAndroidよりシンプルですし、次のモデルが出たとしてもやはりシンプルなので+アルファの機能がついても基本操作はさほど変化しません。シンプルなのにもの凄く幅の広い機能を持っているのがiPhoneです。

iPhoneの場合造っているのはAppleだけです。それと違いAndroidは様々な企業が製造しています。折りたたみ携帯の時に機種変更したら使い方が変わってしまった。という事があったと思います。あれと同じようにAndroidの中にも様々なモデルがあります。ここが大きくiPhoneと違うところです。しかしAndroidには自分の気に入った製品を探す楽しみもあります。自分にはどこの企業の製品がしっくりくるのかなど様々な違いの中で選択することが可能です。下に料金の違いも記載します。

月々料金(一般平均)

iPhone 8,000円~10,000円

Android 10,000円~12,000円

あくまで平均です。

iPhoneもAndroidも購入してから自分の好きなアプリをとりいれて自分だけの自分用のデバイスにしていくものです。iPhoneやAndroidを自分流に創り上げることでとても大きな力を発揮し、私たちの生活をより豊かにしてくれます。ぜひ一度使ってみて頂きたいです。