Excel2016 SUMIF関数の使い方 千葉県の方へ

千葉公園の画像
千葉公園より

Excel2016でのSUMIF関数

今回はExcel2016でSUMIF関数を試してみました。
SUMIF関数とは指定した条件の範囲の合計を数える関数です。下の画像の表を使いながらご説明させて頂きます。
今回はSUMIF関数を使い千葉県産の商品の売上の合計を数えます。

Excel2016SUMIF関数の説明画像
“Excel2016 SUMIF関数の使い方 千葉県の方へ” の続きを読む

Excel2016 COUNTIFS関数の使い方 千葉県の方へ

千葉港の画像
千葉港での一枚

Excel2016でのCOUNTIIFS関数

前回、COUNTIF関数で指定した条件の数を数えるという内容をご紹介させて頂きました。今回はExcel2016で複数の条件を指定してその数を数えるCOUNTIFS関数を試してみました。
COUNTIFS関数とは複数の条件を指定してその数を数える関数です。下の画像の表を使いながらご説明させて頂きます。
今回はCOUNTIFS関数を使い千葉県産で売上が¥10,000以上の商品数を数えます。

Excel2016COUNTIFS関数の説明画像
“Excel2016 COUNTIFS関数の使い方 千葉県の方へ” の続きを読む

Excel2016 COUNTIF関数で指定した条件の数を数える 千葉県の方へ

千葉市稲毛区稲丘町の画像
千葉市稲毛区稲丘町より

Excel2016でのCOUNTIIF関数

今回はExcel2016でCOUNTIF関数を試してみました。
COUNTIF関数とは指定した条件の数を数える関数です。下の画像の表を使いながらご説明させて頂きます。

Excel2016COUNTIF関数の説明画像
“Excel2016 COUNTIF関数で指定した条件の数を数える 千葉県の方へ” の続きを読む

Excel2016 配列数式での計算 千葉県の方へ

八千代市の新川の画像
八千代市の新川

Excel2016での配列数式

今回はExcel2016で配列数式の計算をしてみました。
配列数式とはA4:A12×B4:B12というような複数のセルを一度に計算する計算方法です。下の画像の場合、売上を計算する時、一度商品Aの売上を計算してからオートフィルを使い全ての商品の売上を計算する方法がオーソドックスな計算方法ですが、配列数式を使うことで一度に全ての商品の売上の計算ができます。
配列数式の計算方法をご説明させて頂きます。初めに全ての商品の売上のセルを選択します。売上は単価×販売個数で計算するとします。その場合=E5:E12*F5:F12という計算式になります。これをCtrl+Shiftを押しながらEnterで決定します。

Excel2016配列数式の説明画像
“Excel2016 配列数式での計算 千葉県の方へ” の続きを読む

Excel2016 RANK関数を使って順位を求める 千葉県の方へ

四街道市の風景の画像
四街道市の風景

Excel2016でのRANK関数

今回はExcel2016でRANK関数を使い、順序を出してみました。
RANK関数は選択した任意のセルの中の順序を計算する関数です。
画像を使いながらご説明させて頂きます。
今回は下の表を使います。タイムの順位をRANK関数を使って計算します。

Excel2016RANK関数の説明画像
“Excel2016 RANK関数を使って順位を求める 千葉県の方へ” の続きを読む

Excel2016 ブックにパスワードをかけて保護する 千葉県の方へ

千葉市若葉区の都賀駅の画像
都賀駅

Excel2016でのブックの保護

今回はExcel2016でブックにパスワードをかけて保護をしてみました。
今回は下の画像のシートにパスワードをかけてブックを保護し、パスワードを入力しないと開けないようにします。

Excel2016ブックの保護の説明画像
“Excel2016 ブックにパスワードをかけて保護する 千葉県の方へ” の続きを読む

Excel2016 DATEDIF関数で経過年数を計算する 千葉県の方へ

佐倉市のチューリップの画像
佐倉市のチューリップ

Excel2016でDATEDIF関数を使う

今回はExcel2016を使い、DATEDIF関数で経過年数を計算します。
DATEDIF関数DATE(日付)DIFFRENCE(差)を組み合わせてDATEDIFだと考えられています。日付から日付までの差を計算して経過年数を出す関数です。
今回はTODAY関数を使用して今日までの経過日数を計算します。

“Excel2016 DATEDIF関数で経過年数を計算する 千葉県の方へ” の続きを読む

Excel2016 改ページプレビューで印刷を区切る 千葉県の方へ

佐倉市の七井戸公園の紅葉の風景の画像
佐倉市の七井戸公園の紅葉の風景

Excel2016で改ページプレビュー

Excelを使っていると「ここから印刷を区切りたい」ということがあります。改ページプレビューという機能を使うと印刷範囲を区切ることができます。
下の表を使って改ページプレビューを操作します。この表の19行目(P君)の行までは印刷した時の1ページ目、19行目(P君)より下の行は2ページ目に印刷するように改ページプレビューを挿入します。

Excel2016改ページプレビューの説明画像

19行目(P君)を選択します。行番号19のところをクリックすると下の画像のように行全体を選択できます。

Excel2016改ページプレビューの説明画像

19行目(P君)が選択できたら、ページレイアウトタブページ設定フィールドにある改ページプレビューを選択します。その中の改ページプレビューの挿入をクリックします。

Excel2016改ページプレビューの説明画像

改ページプレビューを挿入すると19行目(P君)の上の部分でページが区切られ点線がはいります。

Excel2016改ページプレビューの説明画像

これで改ページプレビューがが挿入できました。印刷するときは19行目(P君)までが1ページ目に、19行目(P君)より下の行は2ページ目に印刷されます。

Excel2016改ページプレビューの説明画像

Excel2016改ページプレビューの説明画像

Excel2016の改ページプレビュー

Excel2016での改ページプレビューはExcel2013、2010と操作方法は同じでした。今回は行で区切りましたが、列で改ページプレビューを挿入して区切ることもできます。改ページプレビューを使い任意の範囲で印刷を区切ったほうが、印刷した用紙を渡す人がわかりやすい場合があると思います。そんなときは改ページプレビューをお使い頂くと便利です。