幕張イオンの自動運転車ロボット・シャトルに乗ってきました 千葉県の方へ

自動運転電気自動車ロボット・シャトルが試験運転を開始

イオンモール幕張新都心の自動運転電気自動車ロボット・シャトルの画像

イオンモール幕張新都心の自動運転電気自動車ロボット・シャトルの画像

千葉市にあるイオンモール幕張新都心で本日8月1日より自動運転電気自動車ロボット・シャトルの試験運転が開始されています。先ほど乗車してまいりましたが、とても静かで広々としていました。とても安全です。今のところ時速10kmで制御されています。無人バスとして話題ですが、中に1人係りの方がいてきちんと説明をしてくれます。乗り方にも安全面の気配りがされていて、基本的には席に座りますが立っている時も必ず手すりにつかまっているようにして下さいと言われます。かなり安全面には気をつけているようでした。

DSCF8029

DSCF8027

DSCF8041

自動運転の仕組み

DSCF8056

この自動運転電気自動車ロボット・シャトルの仕組みについて教えて頂きました。ロボット・シャトルの上部にあるミリ波レーダーとGPSを使い、周辺にある建物などを全て3Dの地図にします。それをもとに目的地までの運転ルートを自動で作成して走行するという仕組みです。ミリ波レーダーは周囲の監視の役目もします。障害物などを検知して危険と判断した場合は自動で減速・停車を行います。
最大12人乗りです。座席に6人と立席6人です。中は広く段差もありません。足の不自由な方でもご乗車頂けるように考えて造られているそうです。ロボット・シャトルの試験運転は8月11日まで10:00~17:00の間走っています。8月6日の土曜日だけ花火大会のためお休みで、他の日も荒天の際は運転を休止・中止する場合があるそうです。料金は大人200円、小学生以下100円、2歳未満は無料です。夏休みですので家族でいくのも良さそうです。