ネットの上の誹謗中傷・デマについて 千葉県の方へ

稲毛海岸の隣の道路の画像
稲毛海岸の隣の道路の画像
稲毛海岸の隣の道路

ネット上の誹謗中傷・デマについてお困りの千葉県の方!!こんにちは!PC REPAIRです。
ドラックストアにトイレットペーパーがなくて驚いています。
調べるとデマって出てくるんですけどね(・ω・;)
とりあえずトイレに行けなくなると困るので今後の事も考えて多めに買いました
( ˘•ω•˘ )

連鎖ですよね。

私はデマが流れていることを知らずに買い物に行き、品切れの棚を見ておかしいと感じそこでデマが流れていることを知り「もう買うしかないじゃん…」ということで買いました。

デマなんてどうでもいいよ。という人まで買わざるをえないようになってしまうほどの状況ということですね。

はい。そんなデマについて情報セキュリティ10大脅威 2020の7位にランクインしています。

たまたまIPA(情報処理推進機構)のプレスリリースで見かけて7位でした。

8位は インターネット上のサービスへの不正ログイン
9位は 偽警告によるインターネット詐欺

こういった脅威より上ですね(´⊙ω⊙`)

解説資料がPDFで公開されています。

  1. デマを安易に拡散するとその人も社会的責任を問われる場合がある。
  2. 情報モラルや自己抑制力の欠如
  3. 一見もっともらしく見 えるため、その情報に同調し、拡散してしまう。
  4. 有用な情報を伝えたいという親切心や正義感によっ てデマを拡散してしまうケースもある。

といったことが書いてあります。

1が驚きですよね。場合があるということですが。
これはデマの対象となった人が精神的苦痛を受けた場合のことですね。
芸能人のデマの書き込みなどは恐らくご本人は大きな精神的苦痛を受けますよね。
今回は対象が人ではなくトイレットペーパーですが。

とはいえ、間接的に困る人がいるのでデマだとわかったら拡散しない。

情報モラルと自己抑制力が重要ということですね。

デマによる脅威は
“情報セキュリティ10大脅威 2020” の7位にランクインするほどの脅威というお伝えです。