パッチとバッチ 千葉県の方へ

佐倉市のふるさと広場の風景の画像
佐倉市のふるさと広場の風景の画像
佐倉市のふるさと広場の風景

パッチなのかバッチなのか?という千葉県の方!こんにちは!PC REPAIRです。
パッチとバッチがありまして、内容も全然違うものなのですが日本語だと似ているのでわかりにくいわけです。

まずパッチ(Patch)についてですね。

後からプログラムの脆弱性などが判明した場合、それを修正するためのプログラムですね。

Windowsもセキュリティ更新プログラムがパッチとして配信されていますね。

パッチについてはこれでいいと思います。

ここからが今回の本題。

パッチ(Batch)について。

パッチというのはですね、プログラムの処理方法のことなんです(´-ω-`*)

パッチ処理とリアルタイム処理がありまして、
パッチ処理は定期的にまとめてプログラムを配信して処理することで、配信される側のコンピュータの使いやすさを保ったり、
処理するための資源であるCPUやメモリの力を効率的に使えるというメリットがあります。

リアルタイム処理というのは、即時処理する方法です。
ただ配信される側のタイミングなど関係なく来ますし、1ヶ月に1度などの定期的ではなく、1日5回など来てしまうかもしれません。
パソコンを使っていてもバックグラウンドでの処理が頻繁に行われて、ガタガタするかもしれません。
監視システムのような今起こっていることを知りたいんだ!!という事に使われています。

パッチ処理はプログラムをまとめて定期的に処理すること。
リアルタイム処理は即時処理すること。

初めに戻りましょう。
パッチとバッチ。
どっち?

アタマの中がぐちゃぐちゃになりします。

Windowsのセキュリティ更新プログラムというパッチは、基本的には月に一度にまとめて配信されるバッチ処理なわけです。

ぐちゃぐちゃになってきますよね(〃゚艸゚)プ