遠隔サポートが不安な千葉県の方へ

四街道市の公園の画像
四街道市の公園の画像
四街道市の公園

遠隔サポートは不安…..という千葉県の方!!こんにちは!PC REPAIRです。
そうだと思います(´・ω・`)
PC REPAIRでも遠隔サポートを導入しているのですが、この点についてはとても考えています。

まず遠隔サポートの何がどう不安なのかについてです。

・どこの誰にやってもらっているのか見えないしわからない
・対面している方が安心する
・周りでやっているのを見たことがない
・何か悪いことをされそう

といったところでしょうか。
ここで、IPA(情報処理推進機構)が呼びかけている内容を説明させて頂きます。
“IPAって何?”ってなると思いますが、プログラマーさんなどはここで国家試験を受けます。
情報セキュリティマネジメント
基本情報技術者
ネットーワークスペシャリスト
情報処理安全確保支援士
など、いくつかの試験が用意されているのですが、その試験を作ったりして情報処理を推進しているのがIPAです。

そのIPAが遠隔操作の概要・悪用された場合のリスク・サポートを受ける際の留意点について呼びかけています。

・ 遠隔操作を行う担当者の企業名、所属、名前、連絡先をできるかぎり確認してください。
・ 遠隔操作による作業の内容や目的を事前に確認してください。
・ 遠隔操作ソフトの名称、開発元、ダウンロードサイト(URL)、主な機能を確認してください。
・ 遠隔操作による作業実施中はパソコンから目を離さず、操作内容を確認してください。
・ 作業完了後は、遠隔操作ソフトを確実にアンインストール(削除)してください。

さらに
“不審な動きが見られた場合には無線LAN機能をオフにする、ネットワークケーブルを抜く、ルータの電源を落とす等、パソコンのネットワークを切断する”

といった対処方法も紹介しています。

セキュリティマネジメントとしてトラブル発生時の初動対応があります。
それは状況をしっかりとメモなどに記録して、ネットワークを切断することです。

できれば携帯電話などのカメラでその状況の写真を撮影しておくとなおいいと思います。

まずはこの初動対応をして、それから業者さんなどに連絡をとって下さい。
お仕事で利用しているのであれば責任者さんですね。

こうした初動対応を終えた次の段階から、原因の分析やその後の対策をしていきます。

初動対応はとても重要です。
どうしても慌ててしまうかもしれませんが、メモなど記録がないと後から原因を分析することができなくなります。

そのため再発する可能性が考えられます。

初期化すればいいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、そうでもありません。
初期化をしてしまうとログも消えてしまうので、痕跡がなくなります。
トラブル発生時の状況を後から追跡できなくなってしまうんですね。
そうするとやはり原因が分析できず再発する可能性が残ります。
さらに、そのようなログがトラブルが発生したことの証拠だとしたらそれを消してしまうことになります。
被害を受けた側からすすんで証拠を消してしまうことになります。
ですので、初期化すればいいかというとそうでもありません。

また、トラブルが発生したことを隠してしまうことも原因の分析や対策をしないままパソコンを使用することになりますので再発の可能性が残ります。

初動対応の後は業者さんや責任者さんに連絡して、その後しっかりと原因の分析やその後の対策をして安全確認がとれてからパソコンの使用を再開することがおススメです。

少し長くなりましたが、遠隔サポートを受ける際の留意点とトラブル発生時の対処方法についてお伝えさせて頂きました。

PC REPAIRの場合は遠隔サポートを始める前に、個人情報の取り扱いについて・遠隔サポートについて・決済方法を記載したページを事前にご紹介させて頂き、そちらの内容にご同意頂けるようでしたらサポート開始という流れにさせて頂いております。

遠隔サポートは対面に比べると不安が大きいでしょうから、これから遠隔サポートを受けるといった方はご参考にして頂ければと思います。