Windows8のOffice2010のサポート終了 千葉県の方へ

佐倉市の七井戸公園の画像
佐倉市の七井戸公園の画像
佐倉市の七井戸公園

Windows8をお使いの千葉県の方!こんにちは!PC REPAIRです。
今回はOffice2010のサポート終了についてです。

Windows8が発売されたのは2012年10月26日です。この頃はまだOffice2010でした。

Office2013が発売されたのは2013年の2月6日です。

はじめの頃のWindows8にはOffice2010が入っていました。そのあとすぐにOffice2013が発売されたので無償アップグレードの期間が設けられましたが……..


いかがでしょうか?

もしもお手元のパソコンに入っているOfficeが2010であれば2020年の10月13日サポート終了となります。

今から約1年後です。

パソコンご購入が2012年10月頃ということは7年前ですね。サポートが終了する頃には8年前のパソコンになっています。

パソコンのお買い換えは6年くらいが多いです。とはいえ7・8年動くパソコンもありますし。

該当するパソコンが現役で動いている場合も考えられます(´-ω-`)

対応として考えられる方法は3つです。

壊れるまで待たずに新しいパソコンを買う。これが1つ目です。

8年程度経っているのであればお買い替えを考える時期ではありますしね。

壊れる前なので次のパソコンへのデータ移行が自分でできるかもしれない。というメリットがあります。

壊れた後だと分解が必要になったりします。それよりは自分でできる可能性もあるでしょうし、その場合私たちのような業者に頼むお金を節約できるかもしれないということが考えられます。

ご自身でできる範囲であればということになりますが。

次は新しいOfficeを買う。今だとOffice2019ですかね。これが2つ目です。

値段は約35,000円くらいで販売されています。

高く感じられるかと思いますが、パッケージ版になると思いますので次のパソコンは初めからOffice抜きを選んでおいてこちらをインストールして使う。ということができます。

そして3つ目の方法が月々1,274円、または年間12,744円で購入できるOffice365 soloがあります。

次のパソコンを買うまでこれで様子見ということもできます。

また、こちらも初めから次のパソコンはOffice抜きのモノを選んで、このOffice365 solo入れて使い続けるという選択もできます。

ということで3つの方法がありますが、きっとわからないですよね(・ω・;)

どれを選択したらいいかわからないかもしれません。

設定方法などわからないことがございましたらご連絡くださいませ。

Microsoftの公式発表のページ