情報は過去 体験する大切さ 千葉県の方へ

木更津市きみさらずタワーからの眺めの画像
木更津市きみさらずタワーからの眺めの画像
木更津市きみさらずタワーからの眺め

普段から情報取得をされている千葉県の方!こんにちは!PC REPAIRです。
今はパソコン・テレビ・スマホなど生活のいたるところで情報が配信されています。自動販売機の一部に文字が流れていて何かと思ってみたら今日のNewsだったりします。
それくらいバンバン情報が飛び込んできます。

そんな情報についてふと考えが浮かんだのですが、

あれって自分のもとに届くころには過去だよなってこと。

例えばNewsでいえばテレビやインターネットでどんどん配信されますが、自分達が見る頃にはその出来事は進展しているわけですよね。

パソコンの検索など情報をよく調べると思うのですが、過去に書かれたことなんですよね。

現実世界って1秒1秒どんどんどんどん変わっているので、あっという間に過去になってしまいますよね。

あと、情報はあくまでも1つの視点でしかないということ。

その情報を発信した人と受け取った自分は好き嫌いも違いますし性格も違いますし、生まれた環境から違いますし。

買い物で同じ商品を選んでいても、人の反応って様々ですよね。それは様々な価値観があって視点の違いがあるからですよね。

洋服でいえば流行を重要視する人や色を重要視する人や素材を重要視する人など様々ですよね。

情報は発信元の視点で書かれているので、自分が体験したら全然違う見方で違うことを気にして違うことを感じるかもしれません。

私はそういうことがよくあります。

やっぱり自分の目で見て体験して感じるって大切ですよね\_(・ω・`)ココ重要!