Windows10仮想デスクトップ 千葉県の方へ

勝浦市の守谷海岸の画像
勝浦市の守谷海岸の画像
勝浦市の守谷海岸

Windows10をお使い千葉県の方!こんにちは!PC REPAIRです。
仮想デスクトップ!使っていますか?
知らない方もいらっしゃるかと思います。
4年以上前のWindows10の無償アップグレード期間から話題になっていた機能で、このブログでもお伝えさせて頂きました。
とても便利な機能なので再度お伝えさせて頂きます。

仮想デスクトップって何?というところからになりますが、1つの画面でインターネット開いたりExcel開いたりWordを開いたり、色々なアプリケーションを起動させると画面の中がごちゃごちゃになってちょっと使いづらいですよね。

仮のデスクトップ画面を増やすことでこれをすっきりさせることができる機能です。

仮なので本当に存在するわけではないですけどね。仮です。パソコンの中で作ってしまいます。

ではどこから作るのかというと、

タスクビューの画像
タスクビュー

ここです。えっ‼と思いました?そうです。普段見ている場所です。eのマークの隣です。

仮想デスクトップというと難しそうに感じるかもしれませんが、作り方はとても簡単です。

仮想デスクトップを作成する画像
仮想デスクトップを作成する様子

タスクビューをクリックするとこの画面になるので、あとは開いているアプリケーションを移動してデスクトップ2に入れるだけ。

もっとデスクトップ画面を増やしたければ新しいデスクトップの+ボタンを押せば増やせます。

これでOKです。

おそらくここまでやって頂ければごちゃごちゃしていたデスクトップ画面がスッキリしているのではないでしょうか。

デスクトップ画面の切り替えはタスクビューから行いますが、もっと早くするにはショートカットキーが便利です。

ショートカットキーというと難しそうに感じるかと思いますが、1度覚えてしまえば忘れない限りささっとできるようになります。

デスクトップ画面の切り替えは

Ctrl + スタート

これを押しながら矢印の右や左を押してみて下さい。するっするっとデスクトップ1やデスクトップ2に切り替わります。

1度やってみるととても簡単でそして便利な機能です。

デスクトップ画面が増えるという驚き(´⊙ω⊙`)がありますよね。