情報の増加と不安感 千葉県の方へ

四街道市から見た朝の高速道路の画像
四街道市から見た朝の高速道路の画像
四街道市から見た朝の高速道路

いつの間にか常に情報を取得している千葉県の方!!こんにちは! PC REPAIRです。
それは特別なことではなく、インターネットの普及に伴いたくさんの方が同じような状態になっているのではないでしょうか。

パソコンやスマホで日々色々な情報が流れてきます。通知も来ますし、開けば毎回違う情報が出てきてどんどんどんどん情報が流れてきます。

この状況について気になることがありまして。

ネガティブな情報が多い事です。

ネガティブな情報の方が広まりやすいということも影響しているようです。

日々ネガティブな情報を取得し続ければ、不安感も増すのかなと。

おそらく明日も明後日もそのあとも1ケ月後も3か月後もネガティブな情報というのはどんどん出てくると思います。

受け続けて積み重ねれば不安感が増すこともあるのかなと。

例えば、『今年は1億9995万人以上が熱中症にかからずに済みました。』という情報が流れてきたことを見たことがありません。

このめちゃくちゃ暑くて過ごしづらい中で 1億9995万人以上熱中症にかからずに済んでいる日本の生活レベルはすごいなと思うのですが、そういったことは流れてこないんですね。

お分かりかと思いますが、熱中症対策は必要ですし、油断していいということではありません。水やポカリスエットなど適度な水分補給をお願いします。

ネガティブな情報が多いのが気になるんだよなー(˘•ω•˘)

ネガティブなところに焦点を絞った情報と言えばいいんですかね。

さらにそれを見る機会がやたらと増えたこと。

悪い方と良い方の比較、ネガティブな事柄が起きる確率とそれが起きない確率。このように比較対象できればいいのですが、
ネガティブな方だけを見続けると、どうしても普段の生活も不安感が増して嫌になっていくのではないかと思うんですね。

私がどうしているかというと………….珍しいかもしれませんがテレビ見ないんですよね。家のテレビは電源つけずに2ヶ月くらい経ちます。これは学生時代からの習慣で、部活ばっかりだったということも影響していると思います。

他には本を読んだりして、色々な視点からの情報を取得するようにしています。

1つの事柄で気になることがあったとしたら、その反対意見もパラパラめくって読んでみたり。

そうしていてもNewsとかでネガティブな情報を見るとドキッとします。

やっぱりそこばっかり注目しちゃいます。

けどよくよく調べてみると当てはまるのが2000人に1人だったり。受け取った印象より少なかったりします。

情報をコントロールするというのがやっぱり必要かと思うのですが、難しいですよね(´-ω-`)ウーン

図書館行くのがおススメです。とお伝えしたいところですが、図書館ってどれくらいの人が行くんだろう?

本の場合大衆向けに発信することを前提としていないためか1つの事柄に対して色々な人が色々な事を書いていたりするんですね。

ですので、『こんな考え方もあるんだぁ』『この切り口もあるのか。』『こういった視点もあるんだ。』と1つの事柄に対する見方がたくさんあったりします。

情報のコントロールって難しいですよね(´・-・`)