Excel2016 SUM(IF)で関数をネスト 千葉県の方へ

Excel2016SUM(IF)関数の説明画像
千葉県の幕張の夜景の画像

Excel2016でSUM(IF)の式

Excel2016SUM(IF)の関数の式を作ってみました。SUMIF関数よりも少し高度な計算ができるSUM(IF)の計算です。更に実践的な使い方として、配列数式を使って計算しました。

SUM(IF)の式

今回は下の表を使って計算します。SUM(IF)を使い千葉県の商品の売上の合計を出します。売上は単価×販売個数で計算できるとしています。

Excel2016SUM(IF)関数の説明画像

SUM関数を出します。SUM関数のダイアログボックスが出たらすぐにIF関数をネストさせます。

Excel2016SUM(IF)関数の説明画像
Excel2016SUM(IF)関数の説明画像

IF関数の式ですが、千葉県の商品の売上(単価×販売個数)の合計ですので

論理式  $D$5:$D$12=D5
真の場合 E5:E12*F5:F12
偽の場合  0

となります。配列数式を使用しているのでEnterを押さずにShift-Ctrl+Enterで決定します。

Excel2016SUM(IF)関数の説明画像

計算ができました。

Excel2016SUM(IF)関数の説明画像

実用的なSUM(IF)関数

SUM(IF)関数はとても実践的な計算方法です。IFをネストさせることにより多様な使い方ができます。関数はネストを使うことにより計算できる幅がとても広がります。その中でもSUM(IF)は実用的だと思います。