Office365 ExcelのSUMIF関数 千葉県の方へ

Office365 ExcelでSUMIF関数を作成する方法の説明画像3
千葉公園の画像
千葉公園より

Office365のExcelでSUMIF関数

Office365をお使いの方向けにExcelのSUMIF関数をご紹介させて頂きます。SUMIF関数はIFで条件を指定してその合計を計算してくれます。今回は下の表を使っていきます。例として生産地が千葉県の売上の合計を計算します。

Office365 ExcelでSUMIF関数を作成する方法の説明画像

関数を作成していきましょう。fxをクリックします。

Office365向け Excelのfxの画像

関数の挿入がでてきますのでSUMIF関数を選択します。パッと表示されない場合は関数の分類をすべて表示にすると出てきます。

Office365 ExcelでSUMIF関数を作成する方法の説明画像3

関数の式を作ります。生産地が千葉県の売上の合計なので、範囲に生産地、検索条件は千葉県ですね。合計範囲は売上のところです。式は

=SUMIF(C3:C9,”千葉県”,F3:F9)

です。

Office365 ExcelでSUMIF関数を作成する方法の説明画像4

これでできあがりです。合計が計算できました。

Office365 ExcelでSUMIF関数を作成する方法の説明画像5

SUMIF関数をご紹介させて頂きました。Office365だけでなくExcel2016や2010同じように使えるので使ってみて下さい。