Office365 ExcelのCOUNTIFS関数の使い方 千葉県の方へ

Office365 ExcelのCOUNTIFS説明画像2
千葉公園の画像
千葉公園より

Office365のExcelでCOUNTIFS関数

Office365をお使いの方に向けてExcelのCOUNTIFS関数をご紹介させて頂きます。COUNTIFS関数は指定した条件を満たした数を数える関数ですが、COUNTIF関数と違うのは条件を複数指定できるところですね。今回は下の表を使っていきます。商品Aから商品Gがあり、生産地、単価、販売数、売上がバラバラです。この中で”生産地が千葉県で売上が50,000円以上の商品数”は何点あるでしょう??という計算をしていきます。
指定する条件としては“生産地が千葉県”“売上が50,000円以上”ですね。ではCOUNTIFS関数を作っていきましょう。

Office365 ExcelのCOUNTIFS説明画像

左上にあるfxをクリックします。

Office365向け Excelのfxの画像

関数一覧からCOUNTIFS関数を選択します。開いたときにCOUNTIFS関数がパッと表示されない場合は関数の分類をすべて表示にするとでてきます。

Office365 ExcelのCOUNTIFS説明画像3

では関数の式を作ります。今回は”生産地が千葉県”と”売上が50,000円以上”と2つの条件を作っています。検索条件範囲1と2はそれぞれの商品の生産地と売上です。式としては

=COUNTIFS(C3:C9,”千葉県”,F3:F9,”>=50000″)

となります。

Office365 ExcelのCOUNTIFS説明画像4

できあがると今回の条件を満たす商品は2点と計算してくれます。

Office365 ExcelのCOUNTIFS説明画像5

COUNTIFS関数は条件をもっと増やすこともできます。例えば検索条件3のところに販売数が150個以上というのを追加することもできます。

=COUNTIFS(C3:C9,”千葉県”,F3:F9,”>=50000″,E3:E9,”>=150″)

になります。答えは1です。

COUNTIFS関数は使えるととても便利な関数です。Office365に限らずExcel2010、2016でも同じように使えます。ぜひ使ってみて下さい。