Office365 Excelでセルのロックとシートの保護 千葉県の方へ

Office365のExcelでセルのロックとシートの保護をする方法の説明画像5
千葉県佐倉市のオランダ風車の画像
佐倉市のオランダ風車

Office365 Excelでセルのロックとシートの保護

Office365を使っている方向けにセルのロックとシートの保護の使い方をご紹介させて頂きます。これは何かというと入力できるセルを制限する方法です。例えば複数の人が同じファイルを使ってる時に、入力できるセルを限定することで誤入力や間違って他の部分を削除してしまったといったことを防ぐことができます。

では実際にセルのロックとシートの保護をやっていきましょう。今回は下の表を使っていきます。スコアの部分だけ入力できるようにして、他の部分は選択さえできないようにシートを保護していきます。
まず初めに”ここだけ入力できるようにしたい”というセルを選択します。今回はスコアの部分です。

Office365のExcelでセルのロックとシートの保護をする方法の説明画像

次にホームのタブのセルフィールドの中(ホームの右上)に書式というボタンがあるのでクリックします。

Office365のExcelでセルのロックとシートの保護をする方法の説明画像2

書式のボタンをクリックすると下の方にセルのロックが出てきます。初めはロックされた状態なのでロックを解除してあげます。クリックすれば解除になります。

Office365のExcelでセルのロックとシートの保護をする方法の説明画像3

セルのロックを解除したらシートの保護の設定をしていきます。シートの保護をクリックします。

Office365のExcelでセルのロックとシートの保護をする方法の説明画像4

シートの保護の設定項目が表示されます。初めは”ロックされたセル範囲の選択”にもチェックが入っているので外してあげて、ユーザーに許可する操作は“ロックされていないセル範囲の選択”のみにします。
シートの保護を解除する際のパスワードもここで設定できます。

Office365のExcelでセルのロックとシートの保護をする方法の説明画像5

これでできあがりです。画像だとわかりづらいのですが、選択してあるセル以外はクリックすることさえできません。名前や加入日やその他空白のセルは一切選択できず、設定した箇所のみ入力できるようにシートが保護されています。

Office365のExcelでセルのロックとシートの保護をする方法の説明画像6
Office365のExcelでセルのロックとシートの保護をする方法の説明画像7

シートの保護の解除は書式のボタンの中からできます。シートの保護の場所ですね。シートを保護する際にパスワードを設定してあればここで求められます。

Office365のExcelでのセルのロックとシートの保護を見てきました。Excel2010や2016でも同様のやり方でできます。