Windows10 動画編集ソフト ビデオエディター 千葉県の方へ

ビデオエディターのモーションの画像
四街道市の風景の画像
四街道市の風景

Windows10で動画編集

ムービーメーカーがサポート終了してからWindows10で動画編集するのにどうしたらいいだろう…..??とやっていました。動画編集ソフトを購入しようか考えながらPowerPointでできる限りやってみたりしていたのですが、パソコンをいじっていたらいつの間にかビデオエディターというアプリが追加されていました。(自分でいれた記憶はありません。(笑))

Windows10にビデオエディターのアプリが追加されている画像

このビデオエディターをご紹介させて頂きます。まず左上にあるプロジェクトライブラリに使用する写真やビデオを追加しておきます。ビデオエディターでは動画と動画や動画に画像を繋げることもできます。

ビデオエディターのプロジェクトライブラリの画像

プロジェクトライブラリに写真や動画を追加したら、下にあるストーリーボードに使いたい順番にドラック&ドロップで並べていきます。

ビデオエディターのストーリーボードの画像

次にそれぞれの効果です。ビデオエディターは色々な効果が揃っていました。まずはフィルターです。クラシックな感じにしたり、セピアにしたり様々なフィルターが用意されていました。

ビデオエディターのフィルターの画像

次にテキストです。ただテキストを挿入することもできるのですが、エレクトリックなイメージやクールなイメージにして挿入することができます。挿入したテキストを上に配置するのか下に配置するのかといったレイアウトも備わっています。

ビデオエディターのテキストの画像

次にモーションです。これは動画の再生中に中央へ寄ったり、拡大しながら左に寄ったりする動きの設定です。

ビデオエディターのモーションの画像
ビデオエディターの3D効果の画像

次に3D効果です。3Dでアニメーションが動きます。今回作成した動画もこの3D効果で作りました。背景に海の画像を用意して後は3Dライブラリのタブから文字を、効果のタブから飛び散る花火を挿入しました。

3D効果の面白いところがジャンプして回転やよろよろ、スウィング、ポップなど動きを選べるところですね。

3D効果の動きを選択できるところの画像

作成した動画はエクスポートと共有からS・M・Lといったサイズを指定してピクチャの中にあるエクスポートフォルダに保存することができます。

簡単ですがビデオエディターをご紹介させて頂きました。ムービーメーカーがなくなってどうしようかなとなっていたので、ビデオエディターができたことはありがたいです。

ただこのビデオエディター、現状よくフリーズしてアプリが突然終了してしまいます。こまめに保存しながらの作成がおすすめです。