Excel 文字の配置と枠組み!! 千葉県の方へ

Excel説明画像
千葉港で近づいてきてくれたネコの画像
千葉港で近づいてきてくれたネコ

EXCELの使い方 基本操作1

EXCELの使い方をご説明させて頂きます。
今回は基本操作1ということで、文字の配置変更と枠の組み方をご説明させて頂きます。

ベースのシートを作ります。

今回はこのようなトム、ボブ、サム、ヤン、マイケル君のデータを参考にしながらEXCELで作成しました。

Excel説明画像


文字の配置変更

文字の配置を変更しましょう。通常EXCELはセルに文字を打ち込むと左寄りに打ち込まれます。これを配置変更しましょう。

まず配置を変更したいセルを囲みます。

Excel説明画像


次に上の部分にあるツールを使って文字の配置を中央揃えにします。

Excel説明画像
Excel説明画像

 ← このボタンの下の段の真ん中です。

Excel説明画像

ボタンをクリックすると囲んだ部分の名前、クラス、誕生日、点数、合否の文字が中央揃えになります。



名前の部分は配置を変更して右揃えにします。

データに枠組みを設定しよう!

名前の部分を右揃えにできたら、クラス、誕生日のセルにもデータを打ち込みます。

Excel説明画像


誕生日の数字はトムが3月30日、ボブは5月10日という意味です。
このデータに枠組みを設定しましょう。

この罫線のボタンの右端をクリックすると下の画像のような選択がでてきます。

Excel説明画像
Excel説明画像

その中の全ての罫線(格子)をクリックしましょう。
<
設定するとこのように枠組みが設定されます。


今回はここまでです。次回は基本操作2をやりましょう。お楽しみに!

*officeはoffice2007、office2010、office2013で多少操作が異なります。これはOneDriveを使用しています。