Windows10 PowerPointで動画を繋げる方法 千葉県の方へ

PowerPoint2016の挿入タブのビデオのボタンの説明画像

PowerPoint2016で動画作成

Androidアプリを作りGoogleプレイからの配信を始めましたので、アプリの紹介動画を作成しようとしていた時に気づきました。『あれ・・・ムービーメーカー使えないよね・・・。』
そうでしたね。Windowsムービーメーカーは2017年1月10日でサポートが終了しましたね。
動画のトリミングはWindows10のフォトアプリでできました。ただ動画を繋げるにはどうしたらいいのかを考えていたところ、PowerPointで動画が繋げられました。

PowerPointで動画を繋げるには

PowerPoint2016を使っています。PowerPointで動画を繋げるには挿入タブからビデオを選択します。OneDriveやYoutubeなどオンライン上のビデオか、このコンピュータ上のビデオか選べます。

PowerPoint2016の挿入タブのビデオのボタンの説明画像

1つ目のビデオが挿入できましたら、そのまま挿入タブの一番右にある新しいスライドというボタンをクリックしてスライドを挿入します。次のビデオを挿入するページの作成ですね。ビデオを挿入する前に場所づくりです。

PowerPoint2016の挿入タブの新しいスライドボタンの説明画像

新しいスライドが作成できましたらその上に次のビデオを挿入します。この繰り返しです。私は画面切り替え時にワイプやプッシュを入れてあります。

繋げたい動画の挿入ができましたら、最後にファイルタブからエクスポートを選択してその中にあるビデオを作成からMP4ファイルを作成できます。

一番上のYouTubeはPowerPoint2016で作成した動画をアップロードしたものです。途中42秒あたりで「タップするとホームページが開きます」という表示がでますがそこはPowerPointではなくYouTubeの機能です。

Windowsムービーメーカーがサポート終了したのでPowerPointを使って動画を繋げました。参考にしていただけたらと思います。