Japan Drone217で機能など何ができるか聞いてきました

国際ドローン展で出展されていた株式会社BlueBee様のドローンの画像

Japan Drone217に行ってきました

幕張メッセで行われているJapan Drone217ではdocomo様など多数の企業のドローンが出展されていました。ドローンといっても使用用途は様々で空撮用に使ったり、高いところの近視撮影用に使ったり、荷物の輸送に使ったりします。ドローンによってそれぞれ用途が決まっているものもあれば多目的に使用できるモノもあります。今回はいくつかの企業様のドローンについてお伺いさせて頂きました。

Japan Drone217で出展されていたdocomo様のドローンの画像

初めにdocomo様のドローンです無線ではなくLTE回線を使うドローンです。このドローンにスマートフォンを接続して飛行させるという使い方です。しっかりとスマートフォンをはめこむ場所がありました。

物流輸送として試験飛行をした際は1kgの荷物を積んで離島の間を往復5㎞飛行したそうです。


Japan Drone217で出展されていたKDDI様共同開発のドローンの画像

こちらはKDDI様が共同開発したドローンです。このドローンが無人基地局となりここから電波を飛ばせます。例として災害が起こり通信が途絶えてしまった際に、このドローンを無線基地局として使うことで通信環境を構築できます。災害時の伝言掲示板などがありますが、電波が届いていないとインターネットが使えず伝言も入力できず安否確認できません。そのような時にこのドローンが飛んでいくことで無線を発信しインターネットが使えるようになり、災害時の伝言掲示板など安否確認の書きこみもできるようになります。無線航空機型基地局(通称ドローン基地局)と呼ぶそうです。

せっかく無線を発信してくれても電源切れたらどうするのかと思い、バッテリーのことも聞いてみました。このドローンの場合目的地まで飛行し電源を供給しながら無線を飛ばす使い方でした。

Japan Drone217で出展されていたヤマト運輸様が試験で使用したドローンの画像

こちらはヤマト運輸様が試験で使ったドローンです。試験飛行の時は2Kgの荷物を運んだそうです。物資輸送に向いているドローンでした。積むことができる荷物の重さは10kgまでで、重さによって飛行時間変わるそうです。空中の同じ位置で飛び続けるホバーリングも可能です。

Japan Drone217で出展されていた日本郵政様のドローンの画像

こちらは日本郵政様のドローンです。こちらは上のドローンが小型になったもののようです。小型の荷物を積んで飛行するという使用用途ですね。

Japan Drone217で出展されていたenRoute M's様のドローンの画像

こちらはenRoute M’s様のドローンです構造物点検システムのドローンです。高所など人間が近寄りづらいところの近視撮影ができます。バッテリーでなく有線供給のためパイロットの体力とモーターが尽きるまで飛ばせます。

Japan Drone217で出展されていたDJI様のドローンの画像

こちらはDJI様のMATERICE600というドローンです。測量用で1億画素の撮影ができるようです。1億画素というフレーズに担当の人と話をしながらポカーンとしてしまいました。(デジタルカメラなどは1600万画素~2500万画素です)こちらのドローンは20〜25分程度の飛行が可能ということでした。


Japan Drone217で出展されていた株式会社BlueBee様のドローンの画像
Japan Drone217で出展されていた株式会社BlueBee様のドローンの画像

こちらは株式会社BlueBee様の多目的ドローンです。多目的ドローンということで100kgまで輸送可能で近視撮影もできます。

 

今回この記事のご説明だけですとドローンのご紹介には足りないなと考えいくつかの企業様のサイトリンクを貼らせて頂きました。どちらの企業様もすごい開発をされていますのでぜひご覧下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です