Windows7と8/8.1 Skylakeのサポート期間を延長

パソコンのCPUのイメージ画像

CPUがSkylakeでもサポート期間は同じになりました

パソコンのCPUのイメージ画像

以前、MicrosoftがSkylakeのCPUのサポートポリシーを変更という記事を書かせて頂きました。パソコンのCPUが第6世代Coreプロセッサーの通称Skylakeを搭載している場合、Windows7も8/8.1もサポート期間が2017年7月17日までと短縮されていました。これがその後、ユーザーやメーカーの声もあり2018年7月17日までと1年延長されました。そして先日8月11日(米時間)にCPUがSkylakeであってもWindows7と8/8.1のサポート期間をOSの通常通りの期間とすると発表しました。
OSの通常通りということはCPUがSkylakeであってもMicrosoftによるサポート期間がWindows7は2020年1月14日(延長サポートフェーズ)まで、Windows8/8.1は2023年1月10(延長サポートフェーズ)までということです。
もしもSkylakeのサポート期間が短くなっていたことをご存じでWindows10にしなきゃと考えていた方がいらっしゃいましたらサポート期間が延長致しましたので宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です