WindowsVISTAは2017年4月にサポート終了です

WindowsVISTAのサポート終了まで残り1年です

パソコンの画像

WindowsVISTAをお使いの皆様、大変残念なお知らせではございますが、2017年4月をもちましてMicrosoftのサポートが終了になります。
サポートが終了するとどのようになるのかというと、更新プログラムが入らなくなります。日本マイクロソフトのセキュリティチームのブログを見て頂くと更新プログラムとは何かがお分かり頂けます。更新プログラムの多くは新しく生まれた悪意のあるプログラムへの対策です。これが行われないということはパソコンの脆弱性が高まり、個人情報の流出、さらにはそのパソコンを介しての周囲の方の情報の流出の危険性も考えられます。大変恐縮ではございますが、このような事態になる前にパソコンをお買い換え頂きたいです。

インターネットを使わなくても危険です

よく『インターネット使わないから・・・』『ゲームしかやらないし。』というお声を頂くことがあります。例えインターネットを使わないとしてもサポートが終了したパソコンを使うことは危険です。USBメモリなどの記憶媒体から感染する可能性もございますし、残念ながらウイルスも日々進化していて次から次へと新しい手口で私たちに迫ってきます。ですのでインターネットを使わなければウイルス感染しないと言い切れるものではありません。
パソコンをお買い換え頂くとデータ移行や今まで使っていたソフトのインストール、メールソフトへのアカウント登録など様々な設定が必要になり、貴重なお時間も頂くことになります。PCREPAIRでも設定は承っておりますので、お買い換えの際はご連絡下さいませ。