Excel2016 What-if分析ゴールシークの使い方  千葉県の方へ

Excel2016What-if分析のゴールシークの説明画像
佐倉市の七井戸公園の紅葉の風景の画像
佐倉市の七井戸公園の紅葉の風景

Excel2016のWhat-if分析のゴールシーク

今回はExcel2016でWhat-if分析ゴールシークを試してみました。
What-if分析ゴールシークとは、目的とした値を入力することで目的までの計算を逆算し、計算した値を自動で表に反映してくれる機能です。
下の画像を使いながらご説明させて頂きます。
What-if分析ゴールシークは計算式が設定されているセルを使用します。下の画像では売上の列は単価×販売個数で計算されています。商品Aの売上のセルにWhat-if分析のールシークを使い目的値を入力することで自動で販売個数を反映させます。

Excel2016What-if分析のゴールシークの説明画像

「データ」予測フィールドWhat-if分析があります。

Excel2016What-if分析のゴールシークの説明画像

What-if分析をクリックしてその中のゴールシークを選択します。

Excel2016What-if分析のゴールシークの説明画像

ゴールシークを選択すると下の画像のダイアログボックスが開きます。数式を入力するセルにG5、目標値に30000、変化させるセルに$F$5と入力しました。これで商品Aの売上を30000とした場合の販売個数が自動で計算され、表に反映されます。

Excel2016What-if分析のゴールシークの説明画像

解答が見つかりました。

Excel2016What-if分析のゴールシークの説明画像

ゴールシークの機能で計算した式が表に反映されました。自動で販売個数のセルに1500と入力されています。目標値として設定した売上が30000の場合、販売個数は1500になることを自動で計算しセルに反映してくれました。

Excel2016What-if分析のゴールシークの説明画像

できあがった表にゴールシークはとても便利

表で計算式が組まれているものがあれば、What-if分析ゴールシークを使うととても便利です。目標値を設定することで計算式を逆算し、できた値を自動で表に反映してくれます。Excel2013、2010でも同じようにWhat-if分析のゴールシークは使えます。とても便利な機能です。