Excel2016 SUMIF関数の使い方 千葉県の方へ

千葉公園の画像
千葉公園より

Excel2016でのSUMIF関数

今回はExcel2016でSUMIF関数を試してみました。
SUMIF関数とは指定した条件の範囲の合計を数える関数です。下の画像の表を使いながらご説明させて頂きます。
今回はSUMIF関数を使い千葉県産の商品の売上の合計を数えます。

Excel2016SUMIF関数の説明画像

fx(関数の挿入)をクリックして関数の挿入ダイアログボックスを開きます。関数の分類をすべて表示にしてSUMIFを選択します。

Excel2016SUMIF関数の説明画像


関数の式を作成するダイアログボックスが開きます。今回は千葉県産の商品の売上の合計を計算したいので、範囲をD5:D12として、検索条件に千葉県と入力し、合計範囲にG5:G12と入れました。これで指定したい条件の範囲は生産地の列、その中で条件は千葉県として、合計として計算したい範囲は売上の列としたことになります。

Excel2016SUMIF関数の説明画像

=SUMIF(D5:D12,”千葉県”,G5:G12)という関数の式ができあがり、千葉県産の商品の売上の合計は35,420と表示されました。

Excel2016SUMIF関数の説明画像

SUMIF関数は便利

SUMIF関数は知っておくととても便利な関数です。手動で計算しなくても特定の条件の合計の値を出せます。次回はSUMIF関数の続きとして、SUMIFS関数を試してみたいと思います。