Office365soloをインストールOffice2016+OneDrive1TB+Skype通話毎月60分 千葉県の方へ

印西市の公園の画像
印西市の公園

Office 365 soloとは

先日Office 365 soloをインストールしました。Office 365とはMicrosoftのOfficeシリーズで、サブスクリプションと呼ばれる1ヶ月契約もしくは1年契約で更新される新しいOfficeのシリーズです。新しいといってもOffice 365 soloの発売日は2014年の10月でしたので1年以上は経っています。このOffice 365シリーズは家庭向けのsoloの他にビジネス向けのOffice 365 Busimess、Office 365 Business Essentials、Office 365 Business Premiumや他にも教育機関向けや非営利団体向けなどが用意されています。

Office 365 soloの詳細

Office365soloのインストール画面の画像
Office365soloのインストール画面の画像

Office 365 soloをインストールするとExcel2016、Word2016、Access2016、Publisher2016、Outlook2016、PowerPoint2016、OneNote2016が使えるようになります。現在は2016が最新ですが、Office 365 soloではいつでも新しいバージョンのOfficeが使えるようになっています。さらにこのOffice 365 soloを使えるのはパソコン1台ではありません。1つの契約で複数のデバイスのライセンスを取得できます。2台のWindowsPCまたはMac、2台のタブレット(ipad,Android含む)および2台のスマートフォンです。対象デバイスの詳細内容はOffice 365 soloのページからご覧ください。

Office365soloの説明画像

Office 365 soloの良いところとして最新のOfficeシリーズが使えるようになるだけでなくOneDriveのストレージが1TB追加されます。さらにSkypeも毎月60分の通話ができるようになります。固定電話であれば60ヵ国以上、携帯電話であれば9ヵ国にかけられるようです。ですのでOffice 365 soloを契約するとOffice2016+OneDrive1TB+Skype通話毎月60分が使えるようになります。Office 365 soloを購入したあとにOneDriveのストレージを確認したところしっかりと1TB追加されていました。

Office365solo購入後のOneDriveストレージの画像

Office2016シリーズ

Office2016はこのような画面です。

Excel2016

Excel2016の画像

Word2016

Word2016の画像

Access2016

Access2016の画像

PowerPoint2016

PowerPoint2016の画像

Publisher2016

Publisher2016の画像

OneNote2016

OneNote2016の画像

Outlook2016

Outlook2016の画像

参考にして下さいませ。