GearVR 好きな音楽と空間を選べるおすすめアプリ GrooVR 千葉県の方へ

Gear VRの音楽アプリGrooVRの説明画像
八千代市の新川の画像
八千代市の新川

音楽だけじゃなく空間も選べる新しいアプリGrooVR

今日、Gear VRをのぞいたらおすすめアプリにGrooVRというアプリがでていました。見た感じ音楽関係のアプリだろうなと思いましたが、名前の下に書いてあるMusic Drivenってどういう意味?と思いながらインストールしてみると驚きのアプリケーションでした。

Gear VRの音楽アプリGrooVRの説明画像

選ぶのは音楽だけじゃなく空間も自分好みにできる

このGrooVRとういアプリ、今までの音楽関係のアプリとは全然違いました。VR空間も選択できます。まだできたばかりのアプリのようで選択できる空間は少なかったのですが、エレクトリックな空間や湖のような場所、Dancerという場所も用意されていました。VRで創られた空間は動くので、周りの光や動物や人は動きます。初期の段階ではクラブハウスと言えばいいのかレーザーのような光が動いている空間からはじまります。次に選択したのは湖のような海のような空間で大型のマンタのような生き物が動いていました。仮想空間なのではっきりあれがマンタの設定なのかあいまいになってしまうのですが、とても迫力のある空間で音楽を聴くことができます。空間を追加するにはダウンロードするだけです。Coming Soonの空間がいくつかありました。GrooVRは好きな音楽を好きな空間で楽しむことができます。エレクトリックな曲はエレクトリックなVR空間で、ダンスミュージックはDancerの空間で聴けば今までにない音楽の楽しみ方を感じられることは間違いなしです。

GrooVRを楽しむならヘッドフォンがおすすめ

GrooVRを楽しむ際はヘッドフォンを用意して頂いた方が良さそうです。英語ですがヘッドフォンをつける案内も表示されます。Galaxy S6 edgeとGear VRを接続していますが、ヘッドフォンはaudio-TechnicaのATH-PRO700MK2で聴いていました。密閉型のヘッドフォンです。

audio-TechnicaのATH-PRO700MK2の画像

Gear VRは今のところ日本で発売されているスマートフォンで対応しているのがGalaxy S6とGalaxy S6 edgeですが、 両方とも付属品でイヤホンがついているのでそれを使ってもいいと思います。音楽だけじゃなく好きな空間も選べるというのは驚きでしたね。

音楽の選択肢も幅広い

GrooVRが空間を選択できることをご説明させて頂きましたが、音楽の選択肢も幅広いです。デバイスに入っている音楽だけでなくGrooVR TracksというオリジナルトラックとログインさえすればSound Cloud、Spotifyからも選択できます。Sound Cloudは使ったことがありますが、ログインさせすればDJの方のRemixなど様々な方がつくった曲が聴けますしね。GrooVRすごいです。