TOYOTAのAndroidとiPhone用無料カーナビアプリ TCスマホナビ

TOYOTAがAndroidとiPhone用に無料カーナビアプリをリリース

TOYOTAのAndroidとiPhone用無料カーナビアプリ TCスマホナビの説明画像

Android
iPhone

TOYOTAからAndroidとiPhone用の無料カーナビアプリ、TCスマホナビがリリースされました。実際にAndroidアプリをダウンロードして使ってみたところこれはもうナビですね。クルマで見るカーナビがそのままアプリになっています。
渋滞状況など交通情報を掲載してくれるT-Probeも使えますし、災害時などのための「通れた道」マップも開くことができます。画面表示方法は2Dと3Dと案内矢印を大きく表示するターンバイターンモードが備わっています。TCスマホナビはクルマと徒歩での利用状況を選択できますが、ターンバイターンモードはクルマでの利用時のみ使用可能です。

驚いたのが地図の正確性というか建物など地図データがとても細かく表示されていてすごいです。とくに3D表示にした際に建物がハッキリと表示されて今どの建物の脇を通っているかわかります。ですが建物は色もすべて同じ色で表示されますし、それぞれどのような建物かというところまではわかりませんので個人情報がわかるような地図ではありません。ご安心下さいませ。この付近にはこれだけの建物があるんだなというのがわかりますので、初めて通る住宅の密集地域などではTCスマホナビを使うことでより安全な運転ができるのではないでしょうか。実際にアプリをダウンロードして地図データをご確認して頂けるとよりご理解頂けると思います。曲がる地点が近くなった時に大きい案内が表示されたり、音声案内もしっかりとしています。どこに行くのかという目的地点の登録もクルマで使われていたカーナビ画面を思わせる内容でした。フリーワード・住所・TEL・郵便番号から検索が可能です。ジャンルからガソリンスタンド・駐車場・コンビニなどが選択できるようになっていて現在地点から近いところが表示されます。地点登録もできますので自分が良く行く場所は自宅・趣味・食事・買物など用途別に登録が可能です。 “TOYOTAのAndroidとiPhone用無料カーナビアプリ TCスマホナビ”の続きを読む

Windows Inkの付箋と画像スケッチ機能の使い方

Windows10 Anniversary Updateから追加されたWindows Ink

Windows10にAnniversary Updateで追加されたWindows Inkという機能を使うと付箋を使ったメモや画像スケッチが簡単にできます。今回はその使い方説明です。付箋メモの作成方法や削除も簡単ですし、今パソコンで開いている画像(画面)に説明を書いて共有することもできます。

Windows Inkの使い方ですが、まずタスクバーからWindows Ink ワークスペースボタンを表示させます。タスクバーというのは下の画像の黒い部分です。この黒い部分の何もない空いている場所で右クリックをします。

Windows10のタスクバーの説明画像

すると黒い背景の中にいくつかの項目が表示されますのでその中のWindows Ink ワークスペースボタンを表示にチェックを入れてオンにします。

Windows Ink ワークスペースボタンを表示するという画面の説明画像

チェックを入れてオンにすると画面の右下に新しくWindows Ink ワークスペースボタンが表示されます。

Windows Ink ワークスペースボタンの説明画像 “Windows Inkの付箋と画像スケッチ機能の使い方”の続きを読む

Windows10で既定のアプリを変える方法

Windows10の既定のアプリを変更したい

Windows10がだいぶ普及しています。出張サポートにお伺いさせて頂いた先で、お客様がWindows10のパソコンを使われている事が増えました。Windows10に限らずOSが変わるとやはり若干使い方が変わるので、今まであった機能やわかっていた機能、ボタンの配置なども覚えることになります。それが大変なんですよね。
今回はWindows10で既定のアプリを変える方法をご紹介させて頂きます。パソコンを使っていると既定のアプリを知らず知らずのうちに変えてしまい、今まで開いていたアプリケーションと違う画面が表示され驚くことがあります。例えばメールに添付されたPDFファイルを開くのにAcrobat Readerを使っていたのに急に違うアプリケーションで開くように変わっていたということがあります。このような場合、常に開くアプリケーションとして任意の既定のアプリを決定してあげることができます。

まずWindows10のスタート画面を開いて設定を選択します。歯車のような形をしたボタンですね。

Windows10のスタート画面の中の設定ボタンの説明画像

Windows10の設定項目が表示されますのでその中の左上にあるシステムを選択します。

Windows10の設定の画面の説明画像

システムを開くと左側の項目の一覧に既定のアプリがあります。既定のアプリを選択するとWebブラウザーやビデオプレイヤーなどそれぞれに自分の好みで既定のアプリケーションを決定することができます。

Windows10の既定のアプリを変える方法の説明画像

さらに既定のアプリの画面の下にファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶという項目があります。こちらから拡張子ごとに既定のアプリを決定することができます。

Windows10の既定のアプリをファイルの種類ごとに変更する方法の説明画像

拡張子というとわかりにくいですね。PDFの場合、MP3の場合などファイルの種類によって既定のアプリを決定できます。~.pdfや~.mp3などですね。

Windows10の既定のアプリをファイルの種類ごとに変更する方法の説明画像以上がWindows10での既定のアプリの変更方法です。新しいOSですので、Windows10を使っていてわからないことがあっても少しずつ慣れて頂ければと思います。

年賀状を作成しようとしたらパソコンやプリンターが動かない!早めの作成がおすすめです

年賀状を書こうとしたら機械が壊れていた

年賀状の画像

もうすぐ12月で年末ですね。年賀状をパソコンで作成される方もいらっしゃいます。年末に多い事で年賀状を作成しようと久しぶりにパソコンを開いたら壊れていた。またはプリンターが壊れていた。という事があります。年賀状の作成は後回しになりがちで、さらにこれが起きるととても焦ると思います。パソコンの修理は当日で直るものもあれば、数日お預かりになる修理もございます。後になってからこれが起きると年内に間に合わなくなってしまうこともございます。そうなることを避けるためにも年賀状作成はお早めにして頂けたらと思います。

12月は年賀状の作成もあるのですが、お正月休みを利用して旅行に行くためにチケットを予約したり、その他のイベントを予約したりとパソコンに触れる機会が増える時期でもあり、その分修理依頼が増える時期でもございます。ですので普段ですと3日で終わる修理が1週間かかってしまったりと修理待ちの状態になりやすいです。パソコン修理業の面からみても年賀状作成はお早目に終わらせて頂くことがお勧めです。
PCREPAIRでは速さを大切にしています。もしもこのような事例になってしまった際はご連絡下さいませ。できる限り早くお伺いさせて頂きます。

日本のGoogle検索がAMPに対応 全ての検索結果がAMP化

日本のGoogle検索が徐々にAMPを拡大

 

Google検索でAMPが表示されている画像

サイトをものすごい速さで表示させるという⚡マークのついたAMP(Accelerated Mobile Pages)ですが、今まではトップニュースなど限られたページしか対応していませんでしたが今後は全ての検索結果に対応するという発表がGoogle Japan Blogにて3日前にありました。AMPに対応しているサイトは全て検索結果にモバイルページではなくAMPページが表示されます。
上の画像ではPCREPAIRのブログがGoogle検索でAMP対応にしています。タップして開いてみるとしっかりとAMPページを見ることができました。

Google検索でAMPが表示されている画像

発表があってからの間、何度もシークレットタブで検索を試してみてようやく表示されました。今後AMP対応が拡大していきますので、検索結果に⚡AMPマークが表示されても安心してご覧下さい。⚡AMPマークが付いた検索結果はとても速くサイトを開くことができます。今はまだごくたまに検索結果が全てAMP対応する状況ですが、もしも運良く全ての検索結果に⚡AMPマークが付いたところを見れた場合、AMPとは何か試しにいくつかサイトを開いてみるのも良いかもしれません。

 

 

ウイルス対策の重要性 不審な接続はこんなにあるんです

ウイルス対策されていますか?

お持ちのパソコン、スマートフォン、タブレットはしっかりとウイルス対策をされていますでしょうか。私はMcAfeeというセキュリティソフトを使っていて昨日、脅威状況を確認していたのですが、ノートパソコンに不審な接続が2.4千回と表示されていました。8月から10月までの2ヶ月で2.4千回です。しかもこのノートパソコンはたまに開くだけです。一週間以上インターネットに接続しないこともよくあります。本当にたまに開くだけのノートパソコンでこの回数です。

McAfeeの脅威状況の説明画像

ではこのノートパソコンはウイルスに感染しているのではないかというと、そうではありません。しっかりと正常という判定がされています。このような不審な接続が何回あったのかというよりはパソコンの状態が安全な状態かそうでないかで判断して下さい。

McAfeeの脅威状況の説明画像

McAfeeのサイトでは脅威状況のレポートが見れるのですが、やはりトロイの木馬と呼ばれるようなマルウェア関係が多いですね。そのようなウイルスがWeb上に表示されないようにブロックしてくれているのでしょうね。ウイルス対策というのは本当に大事です。特にAndroidのスマートフォンは要注意です。スマートフォンだから大丈夫とウイルス対策されない方も多いようですが、しっかりと保護をして頂きたいです。