LINEでデコ文字が使えるようになりました

LINEにデコ文字機能が追加

LINEのデコ文字の画像1

LINEのデコ文字の画像2

LINEでデコ文字が使えるようになりました。先ほどLINEで会話をしていたら相手が何これ??と送ってきて、デコ文字が使えるようになっていることを知らせてくれました。現状私のLINEでは使えません。端末の文字入力の機能のアップデートかなと考えたのですが、念のためLINEの公式ブログを確認してみたらデコ文字が使えるようになったと発表されております。一文字ずつ変換するときに候補として出てくるようですね。

LINEのブログが公開されたのがこの記事を書く42分前のようです。相手に新機能が配信されたのがどれだけ速かったのか・・・・・私の方のアプリにアップデートが入っていないか確認してみましたがまだありませんでした。
デコ文字の機能はかわいいですし、使いやすそうですね。

デコ文字が使えるようになりました

記事を書いてから5時間ほど経過し、再度自分のスマートフォンでLINEを開いたところデコ文字が使えるようになっておりました。早いペースで配信されているようですね。

LINEのデコ文字の画像3

LINEのデコ文字の画像4

早速使ってみましたが、一文字入力すると様々な種類の文字が候補としてでてきますね。色んな形の文字を組み合わせて表現できますし、やはり文字がかわいいところが特徴的ですね。

auの新料金プラン ピタットプランとフラットプラン

auがピタットプランとフラットプランを発表

auが新しい料金形態としてピタットプランフラットプランを発表しました。7月14日からスタートです。リンク先のauの各ページを開いて頂くとお分かり頂けますが、ピタットプランは月々のデータ料金が使用量によって変動するようですね。
以下は1回の通話が5分以内のスーパーカケホ+2年契約の誰でも割+ビックニュースキャンペーン(あとでご紹介)+ご自宅のインターネットをau光や対象の固定通信サービスにすることで割引になるauスマートバリュー。これら4つの条件を組み合わせた時の料金です。

~1GB が月/1,980円

~2GB が月/2,480円

~3GB が月/2,980円

~5GB が月/3,980円

5GB超え~20GBが月/4,980円

このように使ったデータ使用量に合わせて料金が変動するのがピタットプランです。今月はデータ使用料が少なかったなという月はありますよね。そのような使用料の変動に合わせて月々の料金も変動してくれるというプランです。ビックニュースキャンペーンとして2017年7月14日~12月31日までに新規契約・機種変更をすると1年間毎月1,000円の割引です。上記は割引適用後の料金です。

フラットプラン

フラットプランは20GBと30GBにわかれていますね。以下はピタットプランの時と同じようにスーパーカケホ+誰でも割+ビックニュースキャンペーン+スマートバリュー、4つの条件を組み合わせた時の料金です。

20GB 月/4,500円

30GB 月/6,500円

なるほど。ピタットプランの5GB超え~20GBのプランと比べるとフラットプランの20GBの方が月/480円やすいですね。ということは毎月5GB超える方はフラットプランをご選択して頂いた方が安いのですね。

今回ご紹介させて頂きましたピタットプランとフラットプランの気になる点として、表示されている料金+端末代ではないかということと、2つの新しいプランに申し込みをした場合端末代金を24ヶ月割り引いてくれる毎月割の適用がされないと書かれています。
そしてiPhoneの新規契約・機種変更時には加入できないようです。 iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5です。しかし現在iPhoneをお使いの方がプランを変更するのであれば加入できます。新しくiPhone端末を買ったときに新しい2つのプランを選択することはできません。

ピタットプランやフラットプランが気になる方は一度auショップに行ってみたり電話等でお問い合わせをして頂き、プラン変更をした場合ご自身の料金がどうなるのかを御確認をして頂きたいです。期待していたのと違い残念な思いをするのは避けたいですし、期待せずになんとなくプランを確かめてみたら安くなるかもしれません。

宜しくお願い致します。

Facebookアプリの動画の音声設定 デフォルトでオンになりました

Facebookアプリの動画音声がデフォルトでオンに

Facebookアプリを先ほど開いたところ、「ニュースフィードの動画の音声をデフォルトでオンに変更しました」というメッセージが表示され画面をスクロールしてみたところ確かに音声が流れました。
音声が流れる条件ですが、端末がマナーモードでない場合で動画の自動再生がオンになっていると音がでます。端末がマナーモードであれば音はでませんし、アプリの設定で動画の自動再生がオフになっていれば音は出ません。
自動再生される動画には右下に🔊のマークがありますのでそこをタップして音声をオフにすることもできます。

動画の音声をデフォルトでオフにする方法

電話や通知のためにマナーモードはオフだけどFacebookアプリの動画の音はデフォルトでオフにしたいという方もいらっしゃると思います。その設定方法もきちんと用意されているのでのご紹介させて頂きます。

Androidの場合

Facebookアプリの動画の音声をデフォルトでオフにする方法の説明画像

Facebookアプリの右上のボタンをタップしてから、下の方にスクロールしていくと設定という項目がありますのでタップします。

FacebookのAndroidアプリの動画の音声をデフォルトでオフにする方法の説明画像2

設定をタップするとアプリの設定が表示されますのでタップします。

FacebookのAndroidアプリの動画の音声をデフォルトでオフにする方法の説明画像3

ニュースフィードの動画を音声付きで再生開始という項目がありますのでオフにします。これで動画のデフォルトの音声をオフにすることができます。

(iPhoneの場合を掲載したいのですがまだ手元のアプリには機能が追加されていません。配信され次第掲載させて頂きます。)

GoogleアシスタントがAndroidのスマートフォンのホームボタンに 音声の設定方法

ホームボタン長押しでGoogleアシスタントが起動

Androidのスマートフォンのホームボタンを長押ししてGoogleアシスタントを起動させている画像

GoogleアシスタントがAndroidのスマートフォンのホームボタンに本格的に追加されました。今までAndroidのスマートフォンはホームボタンを長押しすると開いている画面に応じた情報が表示されましたが、本格的にGoogleアシスタントが単体で起動して対応するようになりました。Android6.0以降の端末に順次配信されているようです。

Androidのスマートフォンのホームボタンを長押ししてGoogleアシスタントを起動させている画像2

Googleアシスタントは音声で話しかけてきてくれその内容に応じていくつか回答のの選択肢を用意してくれます。ですのでこちらは音声で回答しなくても会話を進めることができます。

音声の設定

このブログ記事を見て頂いている方で周りに電車に乗車中などマナーモードの方はまだGoogleアシスタントを起動させない方が良いかもしれません。というのもとても便利なGoogleアシスタントではありますが、導入初期段階の為か端末がマナーモードでもGoogleアシスタントが喋りだしてしまいます。Googleアシスタントの音声をオフにするには端末のマナーモードの設定の他にGoogleアシスタントの音声をオフにする必要があるようです。

Googleアシスタントの音声をオフにする方法の説明画像

音声をオフに設定する方法ですが、Googleアシスタントを起動させた右上に上の画像の項目を開くためのボタンがあります。その中の設定を選択します。

Googleアシスタントの音声をオフにする方法の説明画像2

次に設定項目一覧の中から音声をタップします。

Googleアシスタントの音声をオフにする方法の説明画像3

デフォルトですと音声出力がオンになっています。タップして次の画面で切り替えます。

Googleアシスタントの音声をオフにする方法の説明画像4

音声出力をハンズフリー時のみに切り替えるとGoogleアシスタントが発声しなくなります。

Googleアシスタントのように音声で対応してくれる機能は今後とても活躍が期待されていますし私自身注目しているのですが、マナーモードで特に電車の乗車中などで音がでるのはまずいのかなと考え書かせて頂きました。おそらく今後端末のマナーモードと連携するのではないかなと考えております。

Googleアシスタントのページ

Google検索に直接投稿できるようになりました

Google検索へ情報を直接投稿

Google検索へ直接投稿した結果の画像

GoogleマイビジネスからGoogle検索へ直接情報を投稿できるようになりました。投稿した内容は上の画像のようにビジネス情報とともに表示されます。ブログなどの投稿はGoogle検索の結果に反映されるまで時間がかかったり、順位を気にしたり、あるいはGoogleの検索エンジンにインデックスされなかったりするかもしれませんが、Googleマイビジネスから直接投稿すればビジネス情報の下に即時反映されます。文書ですとイメージがしづらいかもしれません。PCREPAIRの例がこちらです。

Googleに直接投稿する方法

Googleに直接投稿する方法ですが、Googleマイビジネスからの投稿です。WebからGoogleマイビジネスを開いても投稿できますし、アプリからも投稿できます。投稿する方法も同じです。

Googleに直接投稿する方法の説明画像1

Googleマイビジネスは画面左側に項目を表示させるとその中に投稿があります。

Googleに直接投稿する方法の説明画像2

投稿を選択すると写真の挿入と投稿したい情報を入力することができます。現段階では挿入できる写真は1枚です。テキストも太字にしたり大きくしたり装飾することはできません。Googleに直接投稿する方法の説明画像3

行動を促すフレーズを追加というボタンをオンにすると、ボタンに表示するテキストを詳細・予約・申し込む・購入から選択でき、そのボタンを押したときにリンクさせるWebページを入力できます。

PCREPAIRは『PCREPAIR 千葉』『PCREPAIR 四街道』などのキーワードで検索して頂くことが多く、その際検索結果にビジネス情報が表示されるのでどんどん投稿させて頂こうと考えております。

Googleマイビジネスのヘルプ

Facebookの投稿にスタンプを挿入することができるようになりました

Facebookの投稿にスタンプで表現力アップ!


先ほどFacebookを開いたら投稿内にスタンプを挿入できるようになっていました。動くスタンプもあります。今までMessengerや投稿に対するコメントにスタンプを使うことはできましたが投稿にも挿入することができるようになりました。

スタンプを挿入する方法は投稿する際に気分・アクティビティを選択します。気分、スタンプ、アクティビティの一覧が表示されその中から挿入したいスタンプを選択すると投稿に追加されます。Facebookの投稿にスタンプを挿入する方法の説明画像

現段階では1つの投稿につき1つスタンプのが挿入できます。場所はテキストの上に配置され中央になります。

背景のデザインも新しくなりました

Facebookの投稿は背景が選べますが新しいデザインが選べるようになっていました

Facebookの新しい背景デザイン1 Facebookの新しい背景デザイン2 Facebookの新しい背景デザイン3 Facebookの新しい背景デザイン4

今まで単色やグラデーションカラーがデザインとしてありましたが、柄入りのデザインが選べるようになりました。以前投稿する際に背景の選択もなく、真っ白な背景に黒字のテキストのみだったことを考えると段々Facebookの投稿もバリエーションが出てきて簡単な内容の投稿でもオシャレに装飾することができるようになってきたのかなと感じています。